手抜きごはんなのに、カラダが変わる。


今日は、我が家の晩ご飯の一部をご紹介しま〜す。

調理法は、マクロビオティックの重ね蒸し煮をアレンジして、旨味を引き出しながら栄養を極力残す調理法で、日々のごはんを仕込んでいます。

毎日食べているのが、味噌汁‼

日本が誇る発酵食品であり、タンパク質の宝庫でもある。

基本ダシ類は入れません。

なぜなら野菜の旨味を引き出しているから。

とは言っても、時として気が向いたら昆布&椎茸でお出汁を取っています。

先ずは、玉ねぎ、エノキ(今日は)、薄揚げ、ワカメと米味噌&豆味噌、水大さじ1程度を、中弱火にかけ、旨味を引き出します。

野菜がしんなりし、フタを開けた時に青臭い匂いではなく、甘い香りがして来たら、お味噌を軽く潰して、お水を投入‼

早く沸騰させるため、普通はフタをしますが、水の▽陰性を飛ばすため、マクロビオティックではフタをしません。

お味噌は沸騰させたら意味がないので、軽くクラクラと湯立ち始めたら完成。

野菜の旨味と味噌の風味を、五感で感じる一品‼

市販のお出汁の素などには、旨味を調整するモノが入っています。その味に舌が慣れてしまうと、素材の味を感じにくくなります。

Personal Food Coaching マクロビオティック×Genomでは、遺伝子検査から自分をしって、カラダを整える調理法を学びます。

お味噌をシンプルに極めて、細胞からキレイを目指します。

詳しく案内は

http;//www.seed-bloom.com


関連記事

  1. お料理はバランスよくのバランスって何?

  2. アマゾンランキング

  3. カラダに必要なもの

  4. 飲む点滴、甘麹を作って砂糖を減らす!

  5. 2017.01  ソウル3日目です。

  6. 【調理グッズで時短】すりおろし