大根おろしが−5歳の未来を作る?


秋ですね〜。
スーパーの魚売り場に、秋刀魚が並びます。

秋刀魚と言えば、塩焼きが定番ですが、

焼いた動物性のタンパク質は、
肉も魚も消化が悪くなります。
この消化を助けるには「大根おろし」です。

ここで質問!
大根おろし、どうしてますか?
水切り派?水を切らず派?
それとも他の方法?(←あれば知りたいです)
我が家は、魚が水っぽくなるので水切り派です。
切った水分は、グラスに入れ
少しの醤油を垂らしてごっくんします。

実わ、この大根おろしが、−5歳の鍵!!

消化に負担がかかる=内臓がストレスを感じる→
ストレス=活性酸素という図式ができます。
この活性酸素はご存知の方も多いと思いますが、
細胞を錆びさせる原因にもなっています。

今日ぐらい、今回ぐらい・・・・が
体の奥からジワジワと老化が進むことに!!

この老化と戦うのが、−5歳の美と健康の方程式
Personal Food Coachingです。

マイ遺伝子、自分設計図を知ることで、
この酸化に対して、
自分は弱いのか強いのか、はたまた
大根おろしを意識するべき人か、
そうではない人なのか
知ることで、
日々の食べ方へのパラダイムシフトが始まります。

ちなみに私は、
大根おろしが必要人!!だから・・・・です。

自分を知って、食べ方から生き方をアップデートする。
メールマガジン準備中!

\リアルタイムで配信中/
・えがわひろ子のFacebookフォロー歓迎です

・主宰する野菜の弁当vegefirst
こだわりの弁当メール無料登録こちら

▲コレコレ、この道具、便利ですよ〜〜

 


関連記事

  1. あ!あっ!あ〜〜!!これこれ。

  2. これからを考える今日

  3. アマゾンランキング

  4. 手抜きごはんなのに、カラダが変わる。

  5. お料理はバランスよくのバランスって何?

  6. 自分の時間を増やす料理