モットーは「適当で美味しい」


食べ方マインドのえがわひろ子です。
毎日、家族のためのご飯作り大変ではありませんか?
ひょっとして朝、疲れたな〜って感じてませんか?
そこで、
自分で作る料理は、生きるための方法と手段のひとつと割り切って、みませんか?
健康に関わる食の仕事を生業にして20年、伝え続けたからこそわかるさじ加減。
手をかけた料理は、片付けが面倒だからパス!
調理道具をたくさん使うのも、食材や調味料をたくさん用意するもの、パス!
毎日シンプルに作って、食べれれば良い!!ってことだけ考える。
一粒で2度美味しい!!がモットー
大切な時間を料理に使うのだからこそ
お腹満足、好きなものを食べるだけでは、勿体無い。
未来のカラダのこともチラッと考えて、作って食べる
でも、面倒なことは抜き、手短で終わる。
マクロビオティック、ローフード、薬膳、栄養学、遺伝子・・・などなど
あらゆる分野の情報を伝え続けて来た中で生まれた
最大限のUMAMIで、最低限の調理法
何を作るにも適当で美味い(自画自讃)。
この技とコツの詰まった料理の話も、
これからお伝えできたらと思います。


関連記事

  1. アマゾンランキング

  2. 手抜きごはんなのに、カラダが変わる。

  3. 【調理グッズで時短】すりおろし

  4. 自分の時間を増やす料理

  5. これからを考える今日

  6. 大根おろしが−5歳の未来を作る?