カラダに必要なもの


単発クラスでのカラダごはんのクラス。

カラダごはんクラスとは?
食べたもので、カラダは出来ている・・・をテーマにした
料理の手抜きとバリエーション知るクラスです。

遺伝子について学んでいると、
「分かりました、分かりました」と観念したくなるほど、
切っても切れない栄養素「アミノ酸=タンパク質」に気づかされます。

しか〜し、

今まで教室でお伝えして来た
マクロビオティック(マクロビ)もローフードも、野菜を主とした調理法。
マクロビなら味噌汁、高野豆腐などから、タンパク質は補えるけど、
ローフードは豆を加熱した時点、アウト!!
野菜には「アミノ酸」というカタチでタンパク質があるので大丈夫、と考えてました。

いくら情報が分かったとしても、毎日食べるごはんに気を使ってられません!
忙しくて、とりあえず食べられれば大丈夫!!

そこで、カラダごはんの登場です。

このクラス、一応レシピはありますが、アレンジのヒントばかりです。
これのここを、これとあれに置き換えると、こんな料理やあんな料理になるとか、
これにこれを足すと、こんな感じになるとか、

とにかく、1に対して10も20もアレンジが膨れていくヒントを学ぶクラスです。

ベースになる調味料が何点か決まっているから、
その調味料を組み合わせるだけ!

材料さえあれば、どんどんテーブルに野菜のおかずが広がっていきます。

あ!話がそれましたが、今回のレッスンでは「タンパク質」がテーマだったので
タンパク質を軸に、色々とアレンジです。

高野豆腐、おから、玉子、お肉を使って、チャチャと料理が広がりました。

遺伝子に書かれた暗号は、タンパク質を作るための暗号です。
Personal Food Coachingベーシッククラスでは、
その暗号を読み取り、自分は積極的にタンパク質を摂るべき体質なのか?
平均的で良いのかなどをみつけ、体質にあった摂り方に気づきます。

自分が何によって太るのか、どう太るのかがわかれば、
それを避ければ良いだけ!そこでネックになるのが食事の管理、かな?

サラダチキンが流行っているのは、タンパク質の摂取!
それも油が少ないから、安心して頂ける。
毎日、サラダチキンでは飽きてくるし、お財布にも優しくない。

カラダごはんでは、
自分のことを知って、自分に合ったアレンジができる工夫力を学ぶ講座。
案外簡単にできるようになると思います。

料理からでも、遺伝子検査からでもどちらかでもOK、
自分のカラダを大切にするきっかけになると、嬉しいです。

 


関連記事

  1. ワークショップ・乳酸発酵キャベツ

  2. 【細胞ごはん】我が家は3日に1個

  3. 12月9日(土) 乳酸キャベツの仕込み会

  4. う◯ちは、臭う派?臭わない派??

  5. 生野菜、何をかけてる?

  6. 手前味噌で腸内を整え痩せ体質へ